ad
0
(0)
不意に襲はれた眩暈に
「私」は永劫を見たのだ。


時間は吃驚して逆転し、過去が未来に、未来が過去へと転回し、
「私」の頭蓋内の闇たる《五蘊場》には
《吾》が漸く《吾》にしがみ付く意識と無意識の狭間で、
何処かで見たかのやうな《世界》が表出す。
しかし、それもたまゆらの事で、
《吾》はあっと言ふ間に闇に呑み込まれし。


残るは無音の「死んだ《世界》」か。
しじまの中で「私」は何とか声を上げ、そうして消えゆく意識に
さやうならを言ったのだ。


しかし、「私」は何にさやうならを言ったといふのか。


さうして、「そいつ」が現はれて、かう呟いたのだ。
――お招き有難うございます。


はて、「私」は「そいつ」を招いた事は今までなかった筈だが。
そもそも「そいつ」は何《もの》だったのか。
消えゆく意識に《吾》は溺れ、
そうして入水するやうに
「私」は白き白き深い闇に陥落す。

How useful was this post?

Click on a star to rate it!

Average rating 0 / 5. Vote count: 0

No votes so far! Be the first to rate this post.

(Visited 6 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です