ad
0
(0)
両腕に等量の重りを抱き、
脚の如き一本の心棒でBalance(バランス)をとる弥次郎兵衛は、
果たして、その平行を打ち破る打撃を加へられ、その心棒がポキリと折れて、
地べたに這ひ蹲るのか。


―さうさ。さうぢゃなくちゃ、此の世の不合理は何ものも堪へられぬではないか。弥次郎兵衛は理不尽に打ち壊されて、さうして神の脚に踏んづけられるのだ。

How useful was this post?

Click on a star to rate it!

Average rating 0 / 5. Vote count: 0

No votes so far! Be the first to rate this post.

(Visited 4 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です