ad
0
(0)
吸ひ込まれるやうに
女の裸体にむしゃぶりつきながらも、
心ここにあらずのおれがゐた。


それでも女の裸体から発せられる媚薬の匂ひに誘はれて、
男性器はおれの虚ろな心模様とは別に勃起しながら、
しっかりと女を悦ばせることには長けてゐるのだ。


さうして何とも名状し難い虚しい性交を繰り返しながら、
十六夜の夜は更けてゆく。


女の裸体を見てしまふとどうしても抱かずにはゐられぬだらしがないおれは、
さうやって時間を潰し、
既に夢魔にどん詰まりまで追ひ込まれてゐる強迫観念にも似たその感覚に対して
おれは夢魔に挑戦状を投げつけたのだ。


――う~ん。


と喘ぐ女に対しておれは、尚も腰をふりふり女の子宮を男性器で突き上げるのであったが、
女が性交に没入すればするほどにおれは反吐を吐きさうになるこの矛盾に、
苦笑ひを浮かべて、更に膣の奥まで男性器で突き上げるのだ。


怯へてゐるのか。
あの夢魔に対しておれは怯へてゐるといふのか。
へっ、と自嘲の嗤ひを浮かべては、
その悪夢を振り払うやうに悶える女の恍惚の顔を見ながら


――来て~え。


といふ女の言葉を無視するやうに
おれは更に強烈に腰を振りながら、
女が失神するまで待ってゐるのだ。
恍惚に失神する女ほど幸せなものはないに違ひないが、
しかし、女といふものは、子を産んだときほど美しいときはないのだ。
さうと知りながら、焦らしに焦らしておれは女が失神する様を見届けたかったのだ。


成程、さうすることで、夢魔のことが忘れられると錯覚したくて、
おれは愛する女を抱いたに違ひなかった。


心ここにあらず故におれの射精は遅漏を極め、
何度も女は失神しては、
性器と腹部をびくびくと痙攣させながら、
それでもおれの腰使ひには反応するのだ。


夢魔よ、お前は今も尚、百年前には通じた神通力が今も通じるなんて思ってやしないだらう。
それを確かめたくておれはお前に挑戦状を投げつけたのだ。


今度は何時おれのところにやって来るのか。
その時こそがこのどん詰まりまで追ひ詰められたおれの呪縛を解放する契機となるのだらうか。


さて、おれは一体何に追ひ詰められてゐたのだらうか。
と、そんなとぼけたことを思って女の性器を突いてゐたのだ。


おれは既におれの世界の涯へと追ひ詰められてゐて、
おれの世界認識の誤謬に脳天を叩かれた如くに
あのにたり嗤ひを浮かべた夢魔にその誤謬を指摘され、
何にも反論出来やしなかったのだ。
それが仮令夢の中の出来事とはいへ、
おれの世界認識は間違ってゐたのか。


――あっあっあっあ~あっ。


愛する女は声にならない喘ぎ声を絞り出すよやうに
おれの射精を待ってゐた。
かうして性交をしてゐる男女こそが世界の端緒であり、
かうして 世界は生れるに違ひないのだ。


「ほらほら」


と、まだまだ射精するにまでには興奮出来ないおれは、
一度、女性器から男性器を抜いて、
女性器を嘗め回すのであった。


――いや~ん。


と性器をびくつかせながら、
女は泣き喚き、


――来て。


と懇願しては、
性器を更に濡らせて、
おれの性器の挿入を待ちわびるのだ。


これでは女が可哀相と思ったおれは、
再び男性器を女性器に挿入して、
今度は射精するつもりで腰を更に強烈に振りながら、
無我夢中で女の口におれの口を重ね合はせながら、
息絶え絶えの女の喘ぎ声に刺激され、
やうやっとおれは射精出来たのだ。


――あっあ~。


その時である。
あの夢魔が現はれたのは。


さうして、おれは煙草を銜へては夢魔をぶん殴ったのだ。
しかし、夢魔は尚も似たり顔でゐたが、
夢魔の内心は混乱を極めてゐた筈なのだ。
その証左に夢魔は無言でおれを怯えたやうにして見てゐたのであった。


――仮令、おれの世界認識が誤謬であらうと、おれはそんな世界の存在を肯定するぜ。

How useful was this post?

Click on a star to rate it!

Average rating 0 / 5. Vote count: 0

No votes so far! Be the first to rate this post.

(Visited 17 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です