さうです。
私は畸形の人間として生れてきました。
だからといって私自身に対して憤懣はないのですが、
事、他者にとっては私の存在は見るも無惨な有り様のやうなのです。
畸形がそんなにをかしいのか、
内心ではくすくすと衆目が嗤ってゐる声が彼方此方から聞こえてくるのです。
然もなくば、
――あら、何と可哀相な。
といふ要らぬ偽善的な同情の声が時折聞こえても来るのです。
畸形がそんなにをかしいのか私には解りません。
しかし、常人と違ふことはいくら鈍感な私でも解りますが、
だからといって畸形を嗤ひものにする権利は誰も持ってゐない筈です。


私は独り奇妙なことに「捻れ」てゐたのかも知れません。
心が捻れてゐたのです。
しかし、捻れてゐたのは私の方だったのでせうか。
もしかしたならば、此の世が捻れてゐたのかも知れないのです。
でなければ、畸形の私を見て他者がくすくすと嗤ふ筈はないぢゃありませんか。
私は鏡だったのかも知れません。
他者に自分の内奥を突き付ける鏡です。
つまりは他者、或ひは衆目が捻れてゐたのです。
その捻くれてしまった衆目は、
畸形の私を見ると内奥が疼くに違ひないのです。
でなければ、私を見て内心でくすくすと嗤ふ事など出来る筈がありません。
私の存在は他者にとっては不快な思ひを呼び起こす存在だったのかも知れません。
しかし、それは私にはどうすることも出来ないのです。
畸形に生れてしまった私にはそれを変へることは出来ないのです。
先験的に畸形に生まれ落ちた私には、
後天的にそれをどうすることも出来やしないのです。
さて、私は、しかし、世間に対してはもうどうでも良いのです。
もう私が衆目にどう見られていやうが構ひやしないのです。
さう思はなければ、私は世間を恨んでしまふ事になりやしないか不安なのです。
畸形な私でも生きたいのです。
出来れば心地よく生きたいのです。
これは無謀な望みなのでせうか。
私の存在が他者を不快にさせるとしても、
私はそれでも世間の中で生きて行きたいのです。
施設に隔離される事は望んでゐません。
しかし、私の存在が不快な人たちは、
私を隔離することを望んでゐます。
どうして畸形の私の自由を奪う権利が誰にあると言ふのでせうか。
私は出来得れば、畸形と言ふ存在とはいへ、自由に生きたいのです。
これは高望みでせうか。
哀しい哉、私は癩病で施設へと赴く北条民雄の心境なのです。
其処には多分、不思議なCommunityがあり、
隔離された中での自由といふ絶えず監視された中での「自由」はあるでせうが、
私の存在は世間から湮滅されるのです。
それが癪なのです。