嘗ては没落しても這ひ上がる道は狭いながらも残されてゐて、
戦後のこの極東の島国はそれ故に這ひ上がれたのですが、
現在は、最早その道は閉ざされてしまひました。


一度没落したならば、それはどん底へとまっしぐらで、
上を見上げても最早光明は全く見えず、無限につながる漆黒の闇の中を彷徨ふばかりなのです。
一%の大富豪と九十九%の貧民窟の住人へと分裂してしまった此の世です。
最早九十九%の貧民窟の住人に這ひ上がる術は残されてゐないのです。
それでも貧民窟に生きる現存在に存在する価値がないと言ふのは早計で、
貧民窟の住人は一%の大富豪の搾取のために存在する事が許されてゐるのです。
先づ、それを認めなければ、貧民窟の住人は何が吾を貧民窟へと追ひやったのか不明なのです。
此の世は一%の大富豪と九十九%の貧民窟の住人の登場で、秩序は直ぐにでも敗れ、渾沌へとまっしぐらなのです。
ガラガラポンが起きるときが近付いてゐます。
再び、革命の世が訪れることでせう。
なけなしの金を搾取される九十九%の貧民窟の住人たちは、既に瞋恚に吾を失ひ、
何時一%の大富豪にその矛先を向けるのかは時間の問題です。
ドストエフスキイの『悪霊』の五人組のシガリョフの悪夢の社会構造が現在、実現してしまゐました。


共産主義も資本主義も失敗に終はったのです。
そして、現はれたのが大富豪と貧民窟の住人たちとの断裂です。
成り上がりといふ夢は終はったのです。
その断裂の裂け目の底はとんでもなく深く、また、現存在が跨ぎ果せるには幅を余りに大きくなってしまいました。


しかし、一%の大富豪もその顚落は凄まじく早く、何時顚落するのか不安で仕方がありません。
そんな世の中、不安が蔽はずして何が蔽ふと言ふのでせう。


この不安の世、原理主義が蔓延るのは当然で、狂信者が増殖するのは自然の理なのです。
さうして、最後は、憤懣に駆られた貧民窟の住人による革命が起きるのも必然です。
それで富が分配されることは、しかし、ないでせう。
それは渾沌の世の始まりに過ぎないのです。
それに堪へ得た現存在のみ生き残るのです。
選別の始まりです。
しぶとく生き残った狡賢い現存在のみ生き残り、その子孫が繁栄するのです。