ぐしゃりとひしゃげた黒い太陽を
真正面に凝視しながら、
吾は何処へと落下するのか。


その時に頭に過る
屋根瓦の上に寝そべって見上げた
あの蒼穹と流れる白い雲は
今は何処へと消えたのであらうか。


辺りは次第に暗く成り行き、
この状況から判断するに、
吾は、多分、闇に吸ひ込まれてゐるのだらう。
それにしても、何とも在り来たりの事の成り行きに
この既視感には苦笑ひしながら、、
吾が落ちると言ふ事は、
闇への旅立ちに過ぎぬといふ
余りにも陳腐な出来事に落ち着いてしまふといふ哀しさ。


吾はこれが地獄行きならば、
どれほど肩の荷が下りることか。
地獄行きならば、多少、吾は救はれるのにと思ひつつ
どうしても素直に吾(わ)が自己を受け容れられぬ吾は、
己に常に罰が当たる事を性根では渇仰してゐるのだ。
何故にそんな事態に陥ったかといふと、
その淵源にあるのは幼少期の執拗に行はれた母親からの虐待にあるのかもしれぬ。
その吾(わ)が存在の全否定を残虐に受けた吾は
そのTrauma(トラウマ)は回復する筈もなく
また、その心的外傷は仮象の瘡(かさ)蓋(ぶた)に蔽はれることはなく、
その傷痕は癒える事なく剝き出しのままなのだ。
その吾を解放するのが地獄であり、
徹底して刷り込まれてしまった吾が存在する事の悪は、
地獄の責め苦を以てしてしか解き放たれる事はないのだ。


さて、今確かに落ちてゐる吾は一体何処へと落ちてゐるのであらうか。
ぐしゃりとひしゃげた黒い太陽を真正面に見据ゑてゐる吾は、
確かに落ちてゐるのは間違ひないが、
闇へと吸ひ込まれる吾は
一体何処へと吸ひ込まれてゐるのであらうか。


それとも、吾にとってそもそも何処へといふ事は端からどうでもよく、
唯唯、落下することで
吾は只管に精神的な安寧を得てゐるだけなのかもしれぬ。
落ちるといふ事が発する安寧。
吾は只管にその事に縋りながら
存在悪と刷り込まれた吾の存在を
一時の安寧に憩はせたかったのかもしれぬ。