にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へ
にほんブログ村 ポエムブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

ツギクルバナー

月: 2019年8月

夢が特異点の存在を暗示する

夢見てゐる時、 主体は夢での出来事を何の疑念も抱かずに …

絶望と言ふ名の甘え

普段から足下が覚束なきよろよろと歩く私は、 それでも歩く…

晩夏に思ふ

虚を衝き不意を襲ふそのものは、 真夏のギラつく太陽の陽射…

暑い夏の日

体温を超える暑さにすっかり参ってしまひ、 一日中ぐったり…

不信に潜む吾がどす黒いものよ

一度芽生えてしまった不信は 行き着くところまで行かないと…

心痛む

何度も何度も夢破れ 何度も何度も挫折を味はひ心が腐っても…

盂蘭盆会

祖先の霊を祀り、 盂蘭盆会で祖先の霊と再会する時のその生…

私は太宰治も三島由紀夫も大嫌ひだ

太宰治のやうに軽軽しくは 「生まれてきてすみません」 と…

残酷で芸術的な殺戮は人間の本能なのか

また、無差別殺人が起きたが、 何時から人は独りで自死する…

考へる事に対して信を置くのは余りに楽観的過ぎるのか

考へるといふ事は存在の果たして最後の砦として相応しいのか…