普段から足下が覚束なきよろよろと歩く私は、
それでも歩く気配がないらしく幽霊のやうに他者に近づき、
他者は私がいつの間に近づいたのか解らずに、
背後に私の姿を見ると吃驚とするのであるが、
だからと言って、私は意外と転ぶ事なく私の歩行は意外としぶとい。
また、一度捕まへたならば鼈すっぽんの如く決して放さず
粘り強いと言へる。
しかし、それが災ひして、
私の心は我慢に我慢を重ねて
ポキリと折れ、絶望の底に落ち込むのだ。
その時の私の内部の人の歓喜は計り知れず、
私はと言ふと弱り目に祟り目で、
絶望してゐるのにその内部の人の責め苦を受ける事になる。
内部の人は容赦がない。
――かうなった全ての責任は、ほれ、さう落ち込んでゐるお前にある! ならば責任の取り方といふものがあらうが。ほれほれ、三島由紀夫のやうに切腹でもしたらどうかね? それが虱よりも悖るお前に最も相応しい、他者がやんや喝采を送るお前の絶望の責任の取り方だ。
――絶望に責任を取る? これは異な事を言ふ。絶望する事は全的に主体に認められたものぢゃないかね? つまり、絶望に責任を取る必要はない!
――いいや。絶望する暇があったなら立ち止まらずに走れ、走れ! 絶望は究極的に自分への甘えでしかない!
――へっ、何を言い出すと思へば、絶望は自分の甘えだと! それは間違ってゐる。絶望は自分の存在を全否定する苦悶であって、決して自分に甘えてゐるそんな楽しいことぢゃない!
――それが甘ちゃんなんだよ。存在の全否定? それが出来るならお前は人類史上初めて存在の尻尾を見たものとなるが、そんな事は全く起きない。存在の尻尾を見たらお前は歓喜に吾を忘れる筈だ。それが未だ嘗て起きていなって事はお前の絶望なんてそれ仕切りの事さ。甘ちゃんなんだよ、お前は。絶望に逃げ込んでお前自身、お前を可愛い可愛いと頭を撫でさすってゐるだけさ。へっ、お前はそんなにお前が可愛いかい? このNarcistナルシストが!
――ええい、黙れ! Narcistとの何処が悪い?
――結局自分を自分が今あるがままで全肯定したいがためのPoseポーズに過ぎない! そこに何の発展性があると言ふのか! 全くない! 今のままで十分だから絶望するのさ。
――いいや。絶望することで私は自分を乗り越える方策を常に探求する。絶望する事は死に至る病とキルケゴールが宣ったが、絶望とは自己との絶望する自己との関係性、また、神との関係性に集約したキルケゴールはある意味、絶望を謀略的に肯定したが、自己との関係性に逃げ込んだ感は否めない。お前に言っておく。絶望するとは決して壊れない頑丈な壁に素手で叩いてそれでも壊そうとする無謀な闘いなのだ。
――馬鹿らしい。無謀な闘い? それが出来てゐれば、おれは何にも言はないが、お前は全くそんな素振りらすら見せず、自分の傷を嘗めてゐるだけさ。
――ちょっ、糞食らへ!
 などと徹底的に攻めた立てる内部の人はかやうに容赦がないのである。
最後は捨て台詞で逃げた私はそれでも責め立てる内部の人に防戦一方なのだ。
それは何故故にか?
それは私が存在を捉へ切れてゐないからに外ならない。

 30 total views,  3 views today