ad
0
(0)
夢見てゐる時、
主体は夢での出来事を何の疑念も抱かずに
夢での出来事を全肯定するが、
それは詰まる所、
此の世界に特異点が存在する事を暗示する。
それは何故かと言ふと、
そもそも特異点とは有をぎゅっと圧縮して行って
仕舞ひには無へまで有を圧縮する事、
つまり、ある質料ヒュレー形相エイドスがある物質を圧縮に圧縮を重ねて
無へまで、つまり、世界からその物質を消し去る事であるが、
例へばそれはBlack holeブラックホールの中心にある核となる例へば中性子星が
それが更に圧縮されて核が消え失せて無となる事である。
その時、重力場はBlack holeのやうに
Schwarzshildシュバルツシルト半径の事象の地平線がある有限ではなく、
無限になる。
それの何処が夢と結び付くのかと言ふと
例へばBlack holeの内部は現時点では不明な点ばかりであるが、
唯、其処は物質で充溢し
光すら逃れられない故に逃れられない光で満ち満ちた眩い世界と思はれる。
そして、Black holeの内部では
既に一般的な秩序は成り立たず、
つまり、物理法則が成り立たず、
因果律が破綻した世界と想像される。
つまり、因果律が破綻してゐると言ふ事は
其処は夢幻の世界に近しいのである。
それは何故かと言ふと、
夢幻の世界は物理法則から食み出してゐて
つまり、因果律は破綻してゐて
其処では何が起きても不思議ではないのである。
そして、それ睡眠中に見る夢の世界と同じと言へるのだ。
夢では因果律が破綻してゐる。
その上、夢見る主体はその因果律が破綻してゐる世界を
何の疑念も抱かずに全肯定する。
そして、夢の世界から逃れられるものはなく、
一度ひとたび夢を見始めたならば、
主体は勿論の事、
何ものも夢から遁走できぬのだ。
夢に落ち込んだものは夢が途切れるまで夢の世界に囚はれ
夢から消える事はない。
消えてゐるやうに見えるのは、
それは夢の舞台が移動しただけの事であり、
夢に落ち込んだものはもうBlack holeに囚はれたもののやうに
夢から逃れられないのだ。
それは光とても同様で、
夢から光すらも逃れられない。
この事から夢幻の因果律が、物理法則が破綻してゐる世界が存在すると言ふ事は、
此の世界に特異点が存在する事を暗示するのだ。
特異点が存在すると言ふ事は
其処には因果律が、物理法則が破綻してゐる世界が存在してゐると言ふ事なのだ。
つまり、夢幻が此の世界に存在すると言ふ事は
此の宇宙の何処かに特異点は存在し、
此の地上に棲んでゐても夢を見られると言ふ事は
特異点の因果律が、物理法則が破綻してゐる世界は
此の宇宙全体を含有してゐて
無限に拡がってゐ手ね此の宇宙全体はその影響下にあると考へるのが妥当なのだ。
つまり、夢を見られると言ふ事は此の宇宙の何処かに特異点が存在する事を暗示するのだ。

How useful was this post?

Click on a star to rate it!

Average rating 0 / 5. Vote count: 0

No votes so far! Be the first to rate this post.

(Visited 31 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です