何にそんなに落ち込む事があるのだらうか。
私はぼうっと考へ事に耽ってゐたならば
何処からかつくつく法師の鳴き声が聞こえてきて、
はっと吾に返ったが、
気が付くともう夜明け前になってゐた。
私は其処で、途轍もない寂しさを覚え、
孤独が一際際立つこの夜明け前の時間に
それまで私の魂は彼方此方と彷徨しゐたが、
その彷徨の途中で死すまで他、人、の《私》を探し続けてゐた挙げ句に
やっと見つけたと思った瞬間の其の時に私は《私》にビンタを食らひ、
私は左の頬はじんじんとした痛みを感じつつ、
独り闇の中を逍遙してゐたのだが、
私の魂のその私への帰り道、
私の魂はぽつりぽつりと悔し涙を流しながら、
闇の中では見えずとも足下ばかりに視点を向けて俯いて歩いてゐたのである。
その私の魂は私への帰り道の間ずっと底無し沼にでも嵌まったかのやうな錯覚を覚えては
四肢が何かに摑まれて動くに動けぬどうしやうもない不自由を感じてゐた。
私の中では何処にも持って行きやうもない鬱屈した憤懣とも屈辱とも言へぬ
己に対する侮蔑した感情を制御出来ずに狼狽へてゐたのであった。
その己の羸弱るいじゃくを振り切るやうに動くに動かぬ四肢を引きずるやうにして
私の魂はやうやっと私への帰還を果たしたのであった。
その後の私の落ち込みやうは言ふに及ばず酷いもので、
私は私自身を徹底して責め立てたのであった。
その不毛の時間が何時間続いたのだらうか。
私は永劫の他人の《私》にビンタを食らった事に対して
私を侮蔑してゐたのではなかった。
私が《私》と相容れない其の深い深い深い溝の存在に対して
腹が立つやら絶望するやら私の心は紊乱に紊乱を極め、
その混乱した心の遣り場を失ってゐたのであった。
斯様に真夜中の魂の彷徨は危険なのであるが、
私は赤の他人の《私》がさうとは素直に受け容れられず、
正直なところ、最後の最後まで《私》との和解は可能と
仄かな望みを抱いてゐたのであるが、
それは未来永劫あり得ぬことを知った哀しみを
私自身に気付かれぬやうに息つく暇もないやうに
私は私自身を責め立てたのであるが、
私の魂は私への帰還の途中にその哀しみをつくづく思ひ知ったのであったので、
それを私自身が知らぬ筈はないのであった。
つまり、私は遣り場のない憤懣を
私自身に八つ当たりしてゐただけなのである。
この孤独感は、しかし、底無しなのであった。
私は其処に落っこちたまま這ひ上がれず、
夜明け前までぼうっとしてゐたのである。


――おーしんつくつく、おーしんつくつく。
つくつく法師はそんな私の思ひなど関係なしに己の生を精一杯生きてゐた。
私はそれが羨ましくて仕方がなかったのである。
何とさもしい私なのか。
それとも自然に対しての羨望とも嫉妬とも取れぬ
憧れを私が知らぬ振りをしてゐただけなのだらうか。
何とさもしい私なのか。

 3 total views,  3 views today