ad
0
(0)
仄かに明るい満月の下、
世界はゆっくりと目を開けて、
吾を睨み返す。
すると、此の世の森羅万象は次次と目を見開き、
吾を覗き込み出す。
世界は仄明るい中秋の名月の満月の明かりで目覚めたのだ。
その瞬間に立ち会へた歓びと恐怖の間で
ぶらんぶらんと揺れ動く吾が心は、
世界が善意の眼差しで吾を見てゐるとは思へず
その無数の目は悪意に満ちた眼差しで、
吾を睨んでゐるに違ひない。
何故と言ふに
吾がそもそも世界を悪意の目で見てゐて、
心密かに此の宇宙の顚覆を目論んでゐる吾は、
此の宇宙に疎まれてゐる筈なのだ。
それにしても、何処を見ても目、目、目の世界は
壮観とは言へ、
それは恐怖の眺望であった。
到頭、世界が牙を剝いた事に
吾は歓びを感じつつも、
この事態にぽつねんと世界に屹立しなければならぬ吾は、
やはり、途轍もない孤独に囚はれ
この悪意に満ちた世界に対して
たった独りで立ち向かわなければならぬ覚悟を
改めて自覚し、
目を見開いた世界の覚醒に対して
吾ももう一段階、心のGearギアを上げねばならぬ。
さうしなければ、吾はこの覚醒した世界に押し潰され、
塵屑の如くふっと一拭きで吹き飛ばされ、
吾の存在なんぞ、
この無際限の世界に比べれば、
圧倒的に不利な吾は、
この覚醒し、目を見開いた世界に呑み込まれるだけだ。
さうならなぬためにも吾は自己をしっかりと保ち、
歯を食ひ縛りこの大地に屹立しなければならぬのであるが、
そもそも吾に対して不信しか抱けぬ吾は、
圧倒的に世界に対して不利な闘ひを挑んでゐるのであるが、
それでも吾は吾を辛うじて保ちながら、
吾を世界に打ちのめされながらも
その痛みにより吾を吾に繋ぎ止めてゐる。
正気を失はずして
世界の顚覆なんぞ目論む馬鹿を試みる無謀に踏み出せぬ事を
大いに自覚しながら、
吾は狂気のPassionパッションでそれをぶち破らうと巨大な巨大な巨大な世界に対して
素手で立ち向かふのみ。


目を見開き覚醒した世界に囲繞された吾は、
かうしてたった独りで玉砕覚悟で無謀な闘ひに挑んでゐる。
さうして新たな道は開けるのかどうかは解らぬが、
どうあってもこの悪意に満ちた世界を顚覆しなければ
吾の存在の存続は保証されぬ事だけは間違ひないのだ。

How useful was this post?

Click on a star to rate it!

Average rating 0 / 5. Vote count: 0

No votes so far! Be the first to rate this post.

(Visited 16 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です