ad
0
(0)
薄ぼんやりと考へ事をしてゐたら
ざあっと驟雨が降ってきた。
それまでの時間、
世界は早く流れる雲に対していつでも驟雨が降る準備で忙しかっただらうが、
私はと言へば、
心此処にあらずの状態で驟雨に不意を突かれた形となった。
一体全体、世界に対して隙だらけの状態で私は何をぼんやりと考へてゐたのだらう。
それすらももう思ひ出せない私は、
無為な時間を浪費してゐただけなのであるが、
その無為な時間にこそ私は己の存在の活路があると看做してゐて、
しかし、それは世界と上手く繋がらず、
残念ながらドゥルーズが言ふやうに
身体のない欲望機械は離接が機能せずに唯、断絶してゐるのだ。
驟雨が降るのも解らずに、
森羅万象の事象を相手にする思索の空回りは、
薄ぼんやりと考へ事をしてゐた私の限界なのだ。
それでも思索する事を已めぬ私は
驟雨が降る中、
屋根に雨粒が打ち付ける雨音を聞きながらも、
内から沸き起こってくる内部の声に聞き耳を立て
密かに此の世界の顚覆を企ててゐるのであるが、
内部の声はそれをあからさまに嘲笑し、
――先づは世界の声を聞くのが先決ぢゃないかね。
と、呆れてゐる。
思索に夢中になれば成る程思索は空転を極め、
それは現代音楽さながら不協和音が迸る交響曲を聴くやうに
私と私の内部は軋む。
私は私の内部とも離接が上手く機能せずに
其処にも深い深い深い溝がある断絶があるだけなのだ。


私が私を見失って久しいが、
世界の変容がはっと私が私である事を気付かせてくれて、
無理矢理にでも私は世界に繋がらうとじたばたするが、
どんくさい私は世界の変容についてゆけずに、
ぽつねんと独りあらゆるものから取り残される。
それでも世界は私を掬ひ止め、
私の存在を世界は許すのであったが、
その居心地の悪さは尋常ではない。
それやこれやで私は密かに此の世界の顚覆を企てるのであるが、
そんな不遜な理由で、
つまり、私の我が儘で居心地が悪いと言ふ理由で以て
世界の顚覆を企てたところで、
当の世界は私を嗤ふばかりで、
屁とも思はぬであらう。


これまでの人生、私は蛆虫以下の人生を歩んできたが、
それはそれで肯定も否定も出来ぬもので、
今尚、生きてゐる私は
何とも踏ん切りが悪い人生に対して屈辱感しかないのである。
何に対しての屈辱かと言ふとそれは世界であって、
恥辱に塗れた私は穴があったら入りたいのは本心であるが、
然し乍ら、恥知らずな私は開き直って、
世界内に存在する居心地の悪さに我慢するのだ。
何とさもしいことか!


驟雨は果たして私の穢れを洗い流してくれるか。
しかし、この禊ぎの雨は恥辱に塗れた私を救ってくれる筈もなく、
私にとっては一事象に過ぎぬこの驟雨は
世界が私を憐れんで流してゐる涙とも私は気付かずに
私は唯、雨音を聞きながら、
早く空を流れる雲を見上げ、
さうしてこの蛆虫以下の私を罵倒する。

How useful was this post?

Click on a star to rate it!

Average rating 0 / 5. Vote count: 0

No votes so far! Be the first to rate this post.

(Visited 8 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です