ad
0
(0)
――ぐおおおんぐうおおん。


時折、私の内部で鐘が鳴り響き、
私はさうしてはっとするのです。
何故といふに、
私の内部の鐘が鳴り響く時、
私は心神耗弱してゐて、
鐘の音が私の限界を知らせてくれるからです。
而して、私の限界とは何ぞやと自問自答しないわけでもないのですが、
自問自答する気力すらも喪失した状態の時に
決まって内部で鐘が鳴り響くのです。
それは哀しい響きをしてゐます。


――ぐおおおんぐうおおん。


鐘が鳴ると私は卒倒するのです。
卒倒することで私は本能的に自己防衛してゐるのかもしれません。
卒倒した私は、すると大欠伸をして眠りこけるのです。
時と場所をわきまへずに私は眠りこけるのです。
それだけ私は疲労困憊してゐて、
そのまま一昼夜眠るのです。


――ぐおおおんぐうおおん。


さうして再び鐘の音が響き渡ると
私は目覚めるのです。
この鐘の音は幻聴には違ひないのですが、
しかし、この哀しい鐘の音が私は好きです。


――ぐおおおんぐうおおん。


さあ、出発です。
私は再び私を殺害するために
私の内部を彷徨するのです。

How useful was this post?

Click on a star to rate it!

Average rating 0 / 5. Vote count: 0

No votes so far! Be the first to rate this post.

(Visited 8 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です