ad
0
(0)
膨脹する妄想で最早現実を見失ひながらも、
狂気の騎士と化して此の世に存在せぬドゥルシネーア姫を守るべく、
孤軍奮闘するドン・キホーテに続け。


それのみがこの拡張現実と仮想現実と現実が混在する
摩訶不思議な現実の中で、
唯一、吾といふ化け物を前にして
実際には竹槍しか手にできぬ非力な吾であるが、
化け物の吾に闘ひを挑むには、
ドン・キホーテの狂気を持ってしか対抗できぬのだ。


三様の現実に対して無理矢理にでも吾は
感覚、特に視覚と聴覚をでき得る限り膨脹させられ、
然し乍ら、それについて行くことに無理に無理を重ねた結果、
誰もが疲弊し、疲労困憊の中、
尚もその疲れ切った吾に鞭打ち、
感覚が膨脹した吾といふ存在の在り方の快感を貪るやうにして
Mobile deviceの画面に釘付けなのだ。
その姿は最早一昔の人間とは違ってゐて
いふなれば、”拡張人間”といふべき化け物に違ひない。


その拡張人間は休む間もなく、
人工知能とその能力のぎりぎりのところで鬩ぎ合ひながら、
自らの生き残る道を探り探り現実に適応しやうと
更に感覚を拡張させる。


しかし、その拡張人間は風船に等しく、
針の一突きで


――パン。


と破裂するからくりなのだ。
だから、今、ドン・キホーテに続けとばかりに竹槍で
化け物と化した膨脹人間の目を覚ますために、
一突きするに限るのだ。


何故なら現実は絶えず吾を丸呑みする機会を窺ってゐるのだから。

How useful was this post?

Click on a star to rate it!

Average rating 0 / 5. Vote count: 0

No votes so far! Be the first to rate this post.

(Visited 4 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です