ad
0
(0)
暫くお互ひに見つめ合ひ、
互ひが互ひを受容する覚悟を決め
私は妖しく薄暗い中でも仄かに輝く彼女の神秘的な唇に唇を重ねた。
彼女のいい匂ひに占有された中、
彼女の次第に興奮して荒くなる呼吸を感じながら、
彼女の舌に私の舌を重ねる。
絡まる舌と舌。
彼女の唾液を啜るやうに呑み込み、
さうすることで私は得も言へぬ恍惚を味はひ
更に激しく舌を絡ませる。
さうしてゐる間に彼女を裸にし、私も裸になる。
彼女の張りのある豊満な乳房を揉みしだき、
お尻を鷲摑みしつつ撫で回す。
そして、彼女の女陰に手を当て、
陰核をつまみ上げる。


――ああっ。


私は唇を離し、
揉み拉いてゐる乳房の乳首を口に含む。
乳首を甘噛みしつつ乳首を舌で転がしては、
乳首を吸ひ上げる。
一方で抓み上げた陰核を人差し指でトントンと軽く叩いては撫でさする。


――ああっ。


さうした後に濡れてきた女陰に指を当て、
小陰唇に指をそっと差し込む。
その指をさすり続け更に女陰は濡れる。


――ああっ。


私は彼女に合図を送り、
寝台に横たはる。
彼女は勃起した陰茎をしっかりと握り口に含む。
私は私の顔の上に跨がった彼女の濡れた女陰に吸ひ付く。
彼女の陰毛に籠もる肉欲をそそる動物様の匂ひを吸ひ込みながら、
生命が海で生まれたことを指し示す塩味がする愛液を啜る。
暫く互ひに愛欲を貪った後に
私は彼女を仰向けに横たへ足を押し広げ、
陰茎を引き締まった膣に挿入する。
私が腰を振る度に彼女の膣壁は吸い付いてきて、
快感が全身を駆け巡る。


――ああっ、ああっ、いくっ、いくっ。


その瞬間、膣はきゅっと引き締まる。
絶頂に達した彼女。
私は、一寸腰を振るのを止めはするが、
しかし、すぐに前以上に激しく腰を振り、
女陰にバンバンと腰を打ち付ける。


――ああっ、ああっ、だめ、だめ。


私は腰を激しくふりながら彼女の豊満な乳房を揉み拉き
喘ぐ彼女の唇に唇を重ねた。
今度は私が絶頂を迎える番だ。
更に私は腰を激しく振り、彼女の女陰に腰をぶち当てる。


――ああっ、だめ、だめ、だめ、だ、いくっ。


――いくよ!


私は更に激しく腰を振り子宮に向けて膣内に射精した。
その瞬間、彼女の子宮はビクンと痙攣をしたのだらう、
彼女のおなかは複雑な動きを素早くし、
当の彼女は失神寸前だったのだ。
私は陰茎をゆっくりと膣から抜き、
しかしながら、精液は膣から零れ落ちることはなかった。


ぐったりとしてゐる彼女は
それでも力を振り絞り、
私のまだ、勃起してゐた陰茎を口に含み、
精液を吸ひ取ったのだ。
にこりと嬉しさうに笑った彼女を私は抱き締め、そして、口吻を交はした。


そして、また、愛撫が始まり、陰茎はギンギンに勃起する。
さうして再び、性交をしたのであった。

How useful was this post?

Click on a star to rate it!

Average rating 0 / 5. Vote count: 0

No votes so far! Be the first to rate this post.

(Visited 9 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です