ad
0
(0)
私が五蘊場と名付けたところの頭蓋内の闇に
仮に都市がすっぽりと収まってゐるとして
辺りはしじまに蔽はれ皆、寝静まった中、
それはマンションの一室であらう、
そこだけが夜通し灯りが灯ってゐる。
私は内部の目の倍率を上げてその一室を覗き込むと、
その一室ではベッドに若くて美しい外国人の女性がすやすやと眠ってゐる傍で、
一人頭を抱へ込みながら何かを思案するのに耽ってゐる中年の男が
半裸で椅子に腰掛け苦悶の表情を浮かべてゐたのであった。
そして、何やら独り言を呟いてゐたのである。
私は内部の耳の集音精度を上げて耳をそばだててその呟きを聞くのであった……。


――おれはミーシャとの子どもが欲しくて堪らないが、果たしておれは、ちぇっ、胸糞悪い、この存在の屈辱を以てしても尚、子を持つ事が可能なのだらうか。生まれ来る子もまた、存在の苦悶の中に引きずり落とされるであらう。それを知りながら子をもうける事はおれの新たな苦悶の種にこそなれ、安らぎは齎さぬ。さうとは知りながら、おれは欲望には勝てず、ミーシャを抱いて、膣内に射精する。さうするとミーシャはこの上なく美麗な笑顔をおれに返すのだ。おれはその笑顔見たさに、また、膣内に射精する。……。


するとミーシャが不意に起きて、男をなだすかすやうに言った。


――何をうぢうぢしてるの。あなたの苦悶は無意味な、そして、誤謬でしかないわ。子はあなたとは別人よ。もしもよ、もしも子があなたのやうに存在について苦悶しても、それでいいぢゃない。人間なんだもの。ミーシャはむしろあなたの子は存在に苦悶する人間になって欲しいわ。そんな子をミーシャは産みたいの。


――……。


――うふふ。あなたらしいわね。あなたが黙り込んだ時は、いつも決まって苦悶が深くなってゐる時よ。きっとこんな感じでせう、『苦悶のRelayリレー』を子に渡していいものか、とね。でもね、まさる、苦悶のRelayでも『精神のRelay』に違ひないぢゃないの。むしろ、賢の苦悶は私たちの子にRelayして欲しい。それが存在に真面目に対峙する人間の実相ぢゃない? ねえ、賢。


――ミーシャは何でもお見通しか。


――何よ、賢。みんなあなたが教へてくれた事よ。


さうして二人は口吻をしたのであった……。

How useful was this post?

Click on a star to rate it!

Average rating 0 / 5. Vote count: 0

No votes so far! Be the first to rate this post.

(Visited 22 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です