ad
0
(0)
絶えず思ふのは、
例へば何億年も沈黙していた巌が
初めて口を開くときが来るとしたならば、
何といふのだらうと想像するに
多分に憤怒の言葉に違ひないと思へて仕方がない。
それは、何億年もの間、
巌として存在することを強ひられてゐたものは、
宇宙史の尺度で測れば何億年はほんの僅かの時間に過ぎぬが、
とはいへ、何億年分の憤懣を口にする筈なのだ。
世界が流転して変化して已まないのは、
森羅万象が己の存在に苦を思ひ、
それに対して憤怒してゐて
それが万物流転の源泉なのだ。
其処に私は神秘を見るのであるが、
例へば万物が、森羅万象が話し始めたなら、
そのどれもが世界の顚覆を目指してゐる筈なのだ。
これには私の思考といふBiasバイアスがかかってはるが、
それでも神秘を生むその源泉には、
この森羅万象が皆、世界の顚覆を望んでゐることにあるに違ひない。


それにしても神秘に睨まれたなら、
もう、私は一歩も動けず、
まるで金縛りに遭ったやうに
其処に美を見てしまふ。
神秘的な美とはよく言はれることであるが、
その美は神がかってゐるからに外ならず、
神秘は神の存在問題の一つの顕現なのだ。
私は神秘を前にするとその美に惑はされ
気が付けば、神秘的な美の虜になってゐる。
それを最も良く表してゐるのは女性である。
女性は存在するだけで既に神秘的なのだ。
男である私はこの神秘に惑はされ、
溺れる。
それはどうしやうもなく溺れる。
惑溺といふ言葉通りに女に溺れる。
そして、それが私を暫し存在の苦悶から隠遁させ、
喘ぐ女性の呼吸に合わせて私は射精をしては快楽に振り回される。


何億年間もの間、
無言のままに苔むすままに一所に存在し続けた巌は、
やはり、神秘的である。
それはその根本のところで女性の神秘と繋がってゐて、
もしかすると、喘ぐ女性の美しさは
無言であった巌が初めに語る言葉の一つなのかもしれぬ。
それは新たな命を生むために通過しなければならぬ深い快楽の中、
喘ぐことには必ず快楽の限界を超えるべくあるのに超えられぬ憤懣が含まれてゐて、
だから喘ぐ女性は美しいのである。


私が神秘に美を見てしまふのは
女性に美を見てしまふことと同じ力が働いてゐるからに違ひない。

How useful was this post?

Click on a star to rate it!

Average rating 0 / 5. Vote count: 0

No votes so far! Be the first to rate this post.

(Visited 12 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です