ad
0
(0)
私の体軀には私が憑依してゐるのだらうか。
ではその憑依してゐる私とは何なのであらうか。
仮に私の体軀に憑依してゐるのが私ならば、
私といふものは私の傀儡といふ事になる。
古くからある肉体と精神の二元論に与するつもりはないが、
私といふものを突き詰めてゆくと
私の正体はさっと姿を消して
私の追っ手を煙に巻く。
その私の追っ手はといふと、
然し乍ら、私の傀儡の手先に過ぎず、
私が放つ追っ手は土台私の正体なんぞ解る筈もないが、
とはいへ、私は、それが自作自演の茶番と知りつつも、
私の正体を知りたくて我慢出来ずに何度も追っ手を放つ。
その時に私は私の侮蔑の声を聞くのだ。


――ぶはっはっはっはっ。私を知りたいなんぞ百年早いわ!


私といふ傀儡の黒幕が私ならば、
私は、百年経ったところで私を知り得るべくもなく、
それは何故かといふと、私がそもそも傀儡に過ぎぬからである。
傀儡は己が傀儡に過ぎぬ事を知った時、
憤怒に駆られて黒幕を殺戮する筈なのだが、
私はといふと一向に私を殺戮する素振りすらない。
それをして私が私の傀儡でないといふ結論を出すのは早計で、
もしかすると私の傀儡の黒幕もまた、私の傀儡で、
それが合はせ鏡のやうに
無限に続く私の正体なのかもしれぬのだ。


――ぶはっはっはっはっ。それで私を解ったつもりかい? 私が私のFractalフラクタルかもしれぬとは考へぬのかい? おっとこれ以上は禁物だ。


成る程、私が私といふもののFractalといふ事は十分にあり得る。
然し乍ら、その私の原型は一切解らず仕舞ひ。
それをGenomeゲノムに求めても埒が開かぬだらう。


――嗚呼、さうか、それは念だ!


――ぶはっはっはっはっ。馬鹿が! それが循環論法の罠にかかってゐる事も解らぬのか!


――だが、現代で最も論理的な形式は弁証法ではなく、循環論法ではないのかね?


――だからお前は甘ちゃんなのさ。ならば、堂堂巡りの循環論法を死ぬまで続けてゐるんだな。


私に猜疑を抱いたものは最早循環論法から抜けられぬ。その覚悟がないものは、私を追ふ事は厳禁だ。
真理は堂堂巡りの中にしかないのだ。


――ぶはっはっはっはっ。今時、真理とはお笑ひ種だな。一生馬鹿をやってゐるんだな。哀れな人よ。

How useful was this post?

Click on a star to rate it!

Average rating 0 / 5. Vote count: 0

No votes so far! Be the first to rate this post.

(Visited 7 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です