何時しか粘性を持つやうになった吾が表象群は、
始めは蜂蜜か水飴のやうであったものが、
Chocolateショコラが冷えて凝固するやうに、
若しくは写真の如くに
或る瞬間にピタリと止まった映像として
頭蓋内に焼き付けられる。
それらは頭蓋内にバラバラに配置され、
つまり、おれは錯乱してゐたのであるが、
しかし、それが心地よかったのも確かであった。
それは錯乱してゐるおれは、おれを意識することはなく、
只管に無造作に配置された、例へばダリの絵を見るが如くに
凝固した表象群を眺めてゐるだけで飽きないのであった。
そして、おれは無造作にバラバラに配置された表象群を
その配置に対してある筈もない意味を見出しては、
独りほくそ笑むのであった。
何故におれは無造作に並んだ凝固した表象群に意味を見出してしまふのだらうか。
それは詰まる所、無意味であることに堪へられず、
或ひは漫然としてゐる世界に堪へられず、
連凧の如くにそれらの無造作に並んだ表象の一つ一つを
意味、否、時間といふ名の糸で縫合してゆき、
そのバラバラの表象群で物語を無理強ひにも拵へてしまふのだ。
さうすることで形作られた世界は豊潤な意味が溢れ出し、
その意味の洪水に溺れることで、
おれは水に浮くやうに意味の洪水の中で浮遊する。
それは途轍もなく心地よいものであり、
其処には安寧の時間が流れ出す。


ところが、其処に猜疑といふ鋏が出現すると
時間といふ名の糸で数珠繋ぎになってゐた意味ある世界は、
その猜疑の鋏でプツンと切り落とされ、
再び、世界は漫然とした無造作に表象群が並んでゐる世界へと還元されて、
つまり、時間が流れぬのだ。
事故などで脳機能に障害が出て、
記憶が出来なくなってしまった人の日常の如く
それは過去と現在とが全く結び付かず、
それ故に未来も全く見通せぬぶつ切りの断片と化した世界が
漫然と並列してゐる不気味な世界なのだ。
それでもおれは恬然としてゐられれば、
おれは多分、正覚出来るに違ひないと思はれるが、
当のおれは意味の消えた世界では不安が募って仕方がない。
それはおれの位置が解らぬからであるが、
位置は天地左右が決まれば、
自ずと解る筈である。
意味が消えた世界ではその天地左右が失はれ、
おれは糸の切れた凧のやうに制御不能になり、
再び錯乱する。


――嗚呼、おれとは何だったのか。非連続に囲繞いにょうされた、ちぇっ、言った先からもう忘れちまってゐる。おれは何を考へてゐたのか。そもそもおれって何のことだ。

 492 total views,  2 views today