中国武漢で発生した悪疫は
中国の隠蔽がなければ、
Pandemicパンデミックはなかったと思はれるが、
既に時は遅きに失してしまひ、
たらればを言ってゐる状況ではない。
この悪疫が各国首脳を戦かせるので痛快と言った馬鹿な新聞編集員がゐたが、
そんなに人が死ぬのが痛快なのだらうか。
体制批判が出来るのであれば、
無辜の人がいくら死なうがお構ひなしのこの新聞社は
Journalismジャーナリズムの風上にも置けぬ本性を現はしたに違ひない。


WHOも中国の傀儡に堕してゐて
あらうことか中国はこの悪疫は米国が武漢で発生させたものなどと
世迷ひ言を言ひ出し、
更には中国はこの悪疫を克服したと宣ひ、
他国を救へるのは中国のみと救世主面をし出す始末。
それは中国が疚しい故の責任逃れに走り始めた証左に違ひなく、
Pandemicが何とか人間のControlコントロール下になった段で、
中国は断じて糾弾されねばならぬ筈である。


しかし、そんなことより、
欧州に逃れた吾が愛する人のことが気懸かりで仕方がない。
欧州は今、この悪疫の主戦場と化し
さぞかし、吾が愛する人は恐怖に戦いてゐることだらう。
スマホの向かうの彼女は、気丈に振る舞ってはゐるが、
彼女の恐怖が如何程かは、想像に難くない。
この状況下、おれのやうに恬然としてゐられる輩は
皆無に違ひなく、
彼女もこの期に及んでは、
じたばたしても始まらぬと
開き直って蠱惑的で神秘的な美しさを湛へた笑顔をスマホ越しに見せてはゐるが、
内心は引き攣ってゐるのが手に取るやうに解る。


それに対しておれが出来ることはといふと、
祈ることのみといふ無力さに愕然とするのであるが、
然し乍ら、彼女の無事を祈るしか為す術がないのもまた、厳然とした事実である。


He prays for her.
She is his life.
Survive anything and everything!
And show him her beautiful smile again.
And he is waiting for her to come to Japan again.
Again, again, again, he wants to meet her.
He does not miss her.
Because she is his life.

 105 total views,  2 views today