何度となく病を患ひつつも
のらりくらりと今まで生を繋いできた愛らしい老犬は、
目と耳が大分衰へたが、
鼻だけはまだ、十分に利くやうで、
それをして安らかに暮らしてゐる。
相棒を亡くしたときは
死を理解してゐたのか、
何とも哀しげに泣き暮らしてゐて、
それ以来、余計に甘えん坊になってしまった。
老犬は、足が弱ってゐて踏ん張らないと
立ってゐられぬが、
それでも、起きてゐるときは、
東を向いて何かを思案してゐるやうに
凜凜しく立ったゐる。
よぼよぼの見てくれながら、
その立ち姿は神神しくあり、
年取ることは
老犬を見てゐると
神聖なことにしか思へぬのだ。


存在が老ひることは、
嘆くことではなく、
誇れることなのだ。
死が近しいとはいへ、
否、死が近しい故に
その存在自体が荘厳なのだ。
神聖なその老犬の頭を撫でながら、
「くううん」
と鳴く老犬を抱き締め、
大切な一日を今日も生きる。

 399 total views,  2 views today