呼吸が次第にゆっくりとなり、
意識が私であることを意識出来ぬまでに
眠気に襲はれてくると、
意識は海水に浮くやうにぷかぷかと浮遊し始め、
いざ、夢の世界へと出発する。


夢の世界への出立は、
呼吸は息を吐き出すときに決まってゐる。


私は最早私であることを保てぬ中でも
辛うじて私が私であることを保持しつつ。


そんな意識が混濁した中、
息を吐いたとき、
私といふ意識は融解して
と同時に私は夢の世界へと沈降する。
その夢の世界は《全=私》といふ不可思議な世界で、
全能なる神にでもなったかのやうに
私は夢を見てゐるのかもしれぬが、
神が世界を制御出来ぬやうに、
私も夢の世界で起きることを制御出来ずに
然し乍ら、その摩訶不思議な状態を全的に肯定するのだ。


仮令、夢見る世界が私を襲ってきても
私は不安にぶるぶると震へる仔犬の如く
その世界を全肯定する外、取るべき道は残されてゐない。
それは巨大な恐怖に違ひないのだが、
何故か私は夢の中では夢魔の為されるがままに
翻弄されることに快楽すら感じてはゐないか。


それは何故なのか。


私は《全=私》であった筈が、
すぐに世界に呑み込まれ、
吾が頭蓋内で表象される物事と
同じ位相に立てゐるからなのだ。


ロシア人形のマトリョーシカのやうに
私といふ存在は様様な大きさで入れ子状になってゐて、
様様な位相で世界に適応してしまふ。
その変幻自在が私の一つの本質なのだ。
さうして私は、夢の世界の更に奥底へと
時に疾駆しながら、
時にゆっくりと
夢の世界に翻弄されつつも
沈降して行く。
さうして私は吾が快楽を貪り喰らふ。