何処ともなく漏れ出た個人情報は
既に一人歩きを始めて
悪意ある他人に渡り、
私は個人情報で脅される。
悪意ある他人は、
その個人情報を後生大事に、
しかし、執拗に脅しをかけて
私を攻めるのであるが、
てんで身に覚えがないことで脅されるので、
事が起きれば、直ぐに警察に出動を願ふ準備はしてゐる。
一度ひとたび個人情報が漏れ出るともうお手上げである。
この薄ら寒い恐怖と隣り合はせの情報化社会が
更に進むと、実存よりも個人情報が価値を持ち
漏洩した個人情報に実存は押し潰される。
情報は漏れ出るものと覚悟しなければならぬのか。
この理不尽に打ち勝つには
執拗に攻め立てる悪意ある他人に対して
知らぬ存ぜぬを決め込むか、
脅しの記録を全て取っておいて
動かぬであらう警察に見せる外に手はないのであらうか。
悪意ある他人、多分、他人どもは
何度脅しても柳に風、或ひは暖簾に腕押しの如く
身をふらりとかはすので
さぞ、張り合ひがないことであらうが、
Templateテンプレートがあるのであらう
全く同じ文面の脅しを執拗に時をおかずにかけてくる。
相手は此方がめげるのを待ってゐるのであらうが、
既に腹の据わった私は
悪意ある相手が、少しでも不審な動きをしないか待ってゐるのである。
さうすれば、奴らは一網打尽に逮捕されるに違ひない。
その時を只管待ち構へ、
時が動くのを釣り人が水面の浮を凝視するやうに
待ってゐる。

 182 total views,  2 views today