Web Analytics

陽炎

陽炎   うらうらと立ち上る陽炎は 曖昧であってはならない。 それは、必ず私の存在を証明する証明書。 それが曖昧であっては私の立つ瀬がないではないか。   ゆらゆらと立ち上る陽炎は たまゆらでも揺れてはならない […]

続きを読む…

餓鬼

餓鬼   《吾》の内部に棲む餓鬼は何時も腹をすかしてゐるが、 しかし、餓鬼は《吾》が何を喰っても一度たりとも満足した事はない筈だ。 何に対して飢ゑてゐるかを、餓鬼はそもそも知らぬのだ。 ふん! 嗤ってゐるぜ、其 […]

続きを読む…

微熱

微熱   風邪を引いて微熱がある中、虚ろな目はぼんやりと外界を眺め、 さうして、内界でゆったり浮遊する《吾》に憩ふ。   この安寧は風邪を引いた時のプレゼントで、 この虚ろな時間が大好きなのだ。   […]

続きを読む…

邂逅

邂逅   既に《吾》に邂逅してしまった《吾》ほど哀しい《もの》はない。 何故って、《吾》が《吾》において既に断念しなければならないからさ。 断念するとは此の世に対峙することでも背を向けることでもなく、 《世界》の為すが儘 […]

続きを読む…

惑溺

惑溺   女との性交に溺れる事に飽きた《吾》は、更なる惑溺出来る媚薬を探すのか。   ――本当か? ただ、性交してゐる《吾》に対する客観的な視点が湧きでてしまふ《吾》に幻滅してゐるだけだらう?   眼 […]

続きを読む…

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
PVアクセスランキング にほんブログ村 黙考のしじま