かの者

かの者   かの者は今も尚、十字架に磔にされて、人間の為の晒し者となってゐる。 何故、基督者はかの者を十字架から下ろさうとしないのか。 かの者は彫像に為っても尚、十字架から下ろされぬ不合理を 基督者はそれが恰も当然の如く […]

続きを読む…

疲弊

疲弊   やがて夜の帳が落ちる頃、漸く目覚めつつも、未だに疲弊していた此の心身には睡眠不足は否めず、何かを貪り食って再び眠りに落ちたのだが、夢魔が夢世界を攪乱し、この意識なる不可思議な存在を《吾》と名指す以前に、夢魔は「 […]

続きを読む…

哀歌

哀歌   チェンバロの哀しげな旋律に誘はれるやうに むくりとその頭を擡げた哀しみは 胸奥に折り畳まれてある心襞に纏はり付きつつ、 首のみをぐっと伸ばして《吾》に襲ひ掛かるのだ。   ――何を見てゐる? &nbs […]

続きを読む…

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
PVアクセスランキング にほんブログ村