黙考のしじま

思索に耽る苦行の軌跡

そして《吾》は堕落する

そして《吾》は堕落する   ――さて、《吾》は何処へとやって来たのだらうか?   辺りを見回しても《吾》の周りには何も《存在》せず。 そこで、《吾》は日陰に隠れて、 《吾》を島尾敏雄のやうな手捌きで《吾》自体を…
もっと読む


2016年6月7日 0

《生者》と《死者》が交はる処

《生者》と《死者》が交はる処   吾(わ)が《五蘊場》に手を突っ込み弄(まさぐ)ると、 其処は、《生者》と《死者》が交はる後ろの正面に至る。   ――ほら、肩が凝らないかい? 何故って、《生者》は無数の無辜の《…
もっと読む


2016年6月7日 0

宇宙開闢以前の《世界》は《存在》する

宇宙開闢以前の《世界》は《存在》する   ――例へば此の世に幽霊が存在し得るのであれば、其処は「現存在」の背である筈だ! ――それは何故かね? ――何故って、それは、唯一、此の世で「現存在」が裸眼で直接見られぬ処だからさ…
もっと読む


2016年6月7日 0
WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
PVアクセスランキング にほんブログ村